TNF+工法

『地盤改良体及びその解体方法』
特許番号 第4730477号
取得年月日 平成23年4月28日
ホーム > その他工法 > TNF+工法
TNF+工法は、TNF工法(井桁状の浅層改良工法)の下面に
柱状の改良を施すことで、地盤をより一層強固なものにし、
軟弱地盤から建物を守ります。
低層建物に強い「TNF工法」に中層改良を加えることで、
中高層建物に強い「TNF+工法」となります。
中層改良とは
中層改良を井桁状に改良層に沿うように配置することで、より深い層の土を囲い込むことができ、
地盤の強度を増加させ沈下量も軽減することができ、低層建物だけではなく、中高層建物へも対応可能となります。
TNF+工法の特長とメリット
01
中高層の
建造物にも適用
TNF工法による改良層の深下部の土を、柱状の改良部が囲い込むことで
地盤をさらに強固にし、地盤沈下を抑制するとともに不同沈下の
抑制にも効果を発揮します。TNF工法は低層構造が対象ですが、
TNF+工法は中高層にも適用できる新工法です。
02
地中熱利用の
エネルギーシステムに
固化材によって適度な剛性を保持した改良層は、さまざまな形に
容易に形成でき、改良層内に地下構造物を自由に設置できます。
柱状部にパイプを設置することで、ヒートポンプといった地熱利用の
エネルギーシステムにも適用可能です。
03
解体費用の低減
柱状部に設置したパイプから高圧水を注入し、水圧力で改良体を
粉砕することで、極めて短期間に改良体を解体します。
用地の原状復帰コストを低減します。
TNF+工法の施工手順
  • STEP 01
    改良位置出し

  • STEP 02
    スキトリ

  • STEP 03
    スラリー改良

  • STEP 04
    整正、整正完了

  • STEP 05
    一次改良 位置出し状況

  • STEP 06
    一次改良
    スキトリ、区割り寸法確認

  • STEP 07
    一次改良
    セメント散布、混合攪拌状況

  • STEP 08
    一次改良 整正・転圧状況

  • STEP 09
    二次改良 区割り寸法確認、
    セメント散布、混合攪拌状況

  • STEP 10
    二次改良 整正状況

  • STEP 11
    二次改良 掘削状況

  • STEP 12
    施工完了

●「震度6強」津波の被害はあったものの、外壁には地震による大きな損傷はなし
物件名 施工時期 施工面積(m2 施工量(m3 規模 製造種別
某店舗 H22.6 4,490 3,871 3階建 S造
所在地:宮城県仙台市 撮影日:平成23年3月29日
  • TNF工法
    津波の被害を受けるが、外装に目立った損傷なし
  • 写真建物の地図
  • ボーリング柱状図
  • 近隣在来工法
    近隣店舗について:周辺液状化、内部損傷
TNF+工法の実績(代表例)
ホームセンター
用途
ホームセンター
場所
宮城県仙台市
施工期間
実働35日間(2010年5月完工)
施工面積
4,490m2
規模
3階建
施工面積
S造
保育園
用途
保育園
場所
埼玉県さいたま市
施工期間
実働20日間(2014年9月完工)
施工面積
1,005m2
規模
3階建
施工面積
S造