TNF工法と杭工法との違い

ホーム > TNF工法 > TNF工法と杭工法との違い
4つの比較ポイント
POINT1. 抜け上がりが起こらない
TNF工法
  • 周囲地盤との沈下による差が見られません。
  • 抜け上がりによる舗装との段差などの修理の必要もありません。
杭工法
  • 地盤沈下による抜け上がりが見られます。
POINT2. 地中の設備配管も安全
TNF工法
  • 地盤と基礎が一体となっているTNF工法は、地盤沈下による杭の
    抜け上がりがないことで、地中又は、スラブ下の設備配管の
    破断もくい止められます。
杭工法
  • 地中又は、スラブ下の設備配管の破断が起こります。
  • 破断した場合には、建物が機能しなくなることもあります。
POINT3. 解体は簡単&ローコスト
TNF工法
  • 解体工事は不要となり費用を低く抑えることができます。
杭工法
  • 解体時に引抜き工事が必要となり、処分費が生じます。
POINT4. 浅くても大丈夫
TNF工法
  • 地盤改良により安定した地盤となるため、杭基礎のように深くまで掘り下げる必要がありません。
  • 浅くてもしっかりと建物を建てられるのが、
    TNF工法の魅力でもあります。
  • 遺跡の上部や産業廃棄物処理場跡地の上にも建設が可能です。
杭工法
  • 地中に遺跡がある場合や産業廃棄物がある場合は杭は打てません。